カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ふすま

名前:ふすま
サイズ:1/3・1/6・1/12
メーカー:パラボックス・
       アゾン・オビツ
メイン:旧アンジェラ
バイク:エストレヤ
     カタナ750(GSX750SS)
ダムカード:76枚
ダムカレー:31食目

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カウンター

ひっそりとリンク

お嬢とふすま
ダンボールブログですか?ダムブログですか? いいえドールブログです…
お嬢とふすまの茶番劇場 "手袋を買いに" 01
人形劇だけは寒くなるのでできるだけしないでおこうと思っておりましたが
なんとなくやってしまいました…

基本的に私のスタンスは人形達にはしゃべって欲しくないのですが
人形劇と言う特性上しゃべったりするかもしれませんので
                  ヽ人人人人人人人人人人人人人人人ノ
         / ̄(S)~\  <                      >
       / / ∧ ∧\ \<  嫌なら見るな! 嫌なら見るな! >
       \ \( ゚Д,゚ ) / /<                      >
         \⌒  ⌒ /  ノ Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Yヽ
          )_人_ ノ  
          /    /
      ∧_∧ ■□ (    ))
     (   ; )■□  ̄ ̄ヽ
   γ⌒   ⌒ヽ  ̄ ̄ノ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
というわけで嫌いな方はブラウザバックをおながいします…


さて最近めっきり冬になりオートバイに乗ったことがある方ならご理解いただけると思いますが
この時期からは手が氏ぬ思いですよね…
私も寒ければ家の子達も寒がっているのかなぁという妄想をしています

そんなわけでお嬢とふすまの茶番劇場はっじっまるよ~!!
第1回は手袋を求めるお話ですノシ



寒い冬が猫の姉妹の住む納戸の山の奥深く罪庫の森までやってきました
外遊びから帰ってきた妹は姉に"お姉ちゃんお手々が冷たいよう"と牡丹色になった両手を姉に差し出しました
本当は原作通り狐さんで以降と思ったのですが…
かわいい妹の手に霜焼ができてはかわいそうだから街まで行って妹のお手々にあうような毛糸の手袋を買ってやろうと思いました

ですがお姉ちゃんはある時お友達と街に行った時に酷い目にあったことを思い出したのでした
"そうだ妹だけに行ってもらおう"と思った姉は妹一人で街まで行かせることにしました

"こ嬢やお手々を片方お出し"
とお姉ちゃんは謎の呪文を唱え始めました…
三角頭巾は黒のイメージですが本来のKKKは白色らしいですよ…
謎の格好と呪文は"ダメ絶対"と思いながらヤメテ!!と必死に訴えるも儀式は続いたのでした

そしてお姉ちゃんの魔法で妹猫の片手は人間の手に変わり
びっくり感の表現って難しいですね…
妹はあんな名状しがたき物を召還しそうな儀式で人間の手に変えられてしまった自分の手をしげしげと見つめました

そしてお姉ちゃんは妹に町へ行ったら円まるいシャッポの看板のかかっている家を探さがしそれが見つかったら戸を叩たたいて人間の手をさし入れて
"この手にちょうどいい手袋を頂戴"と言い決してこっちのお手々を出しちゃ駄目だめよと伝えました

さらに妹が心配な姉は
"何かあるといけないからこれをもってお行き"と謎リュックを押し付けてきたのでした
見えていても見えていない方向でおながいします…
何かはみ出てる!!と思った妹でしたが
手袋が欲しい気持ちの方が強く街に出る決意をしたのでした


遥々と遠きシャッポ屋への旅
さていかなる波乱が巻き起こるか
それは次回の講釈で
ある程度の年齢の方にはこの後ED曲としてガンダーラが流れることでしょう…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ojyoufusuma.blog.fc2.com/tb.php/250-5dca2a90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)